ととのうみすと 口コミ

ととのうみすと 成分

更新日:

ととのうみすとの成分解析

ととのうみすとは、気になる毛穴をケアできると評判の良い毛穴スプレーです。

あのかずのすけさんも、ととのうみすとをアメブロで取り上げていました。

でも、ととのうみすとをこれから使う方は、やっぱり成分や副作用が気になったりしますよね?

ここでは、ととのうみすとの成分について詳しくお伝えしようと思います!

ととのうみすとの全成分・原材料がこちら

ととのうみすとの全成分

水、フィチン酸、酸化銀、アルギニン(ph調整剤)、アーチチョーク葉エキス、アスペルギルス、乳酸桿菌、レウコノストック、ペディオコッカス、サッカロミセス、ジゴサッカロミセス、オオムギ種子、ダイズ種子、コメ、アズキ種子、ナタマメ種子、ハトムギ種子、ヒエ種子、アワ種子、キビ種子、アメリカブドウ果実、リンゴ果実、ウンシュウミカン果実、ヤマブドウ果実、バナナ果実、モモ果実、ウメ果実、ナシ果実、イチジク果実、スイカ果実、セイヨウカボチャ果実、カキ果実、パパイア果実、アンズ果実、ニンポーキンカン果実、カリン果実、ヨーロッパキイチゴ果実、クリ果実、ビワ果実、クコ果実、ナツメ果実、ユズ果実、モモルジカグロスベノリ果実、オタネニンジン果実、キャベツ(葉/茎)、シソ葉、ヤマグワ葉、ドクダミ、ヨモギ、ヤブカンゾウ花、サツマイモ根、キクイモ塊茎、ニンジン根、ダイコン根、ハス根茎、タマネギ根、カブ根、ゴボウ根、ヤマユリ根、サトイモ塊茎、ヤマノイモ根茎、クワイ塊茎、カンゾウ根、アカバギンナンソウ葉、マコンブ葉、ワカメ葉、モズク、オニグルミ種子、イチョウ種子、マタタビ果実、ゴマ種子、ヤマブシタケ子実体、マイタケ子実体、シイタケ子実体、発酵エキス、BG

ととのうみすとの主な成分を解析!

ととのうみすとの副作用

それでは、ととのうみすとの成分の中でも特に重要なものについて見ていきましょう。

アーチチョーク葉エキス

ととのうみすとのメイン成分がアーチチョーク葉エキスです。

美容業界でも注目されている天然の成分です。

肌のハリや弾力を与え、毛穴を引き締めてくれる効果があります。

超純水

ととのうみすとには、毛穴の汚れをごっそりと落としてくれる超純水とアルカリイオン水(アルカリ電解水)が用いられています。

不純物をほとんど含まない、浸透性の高いこだわりの水です。

洗浄効果も高く、メイク汚れ・毛穴の詰まりをすっきりと洗浄してくれます。

また、抗酸化作用にも優れているので「お肌のたるみ」「皮脂の過剰分泌」にも効果を発揮します。

65種類の植物酵素

ととのうみすとには、「穀物類」「豆類」「果実」「花」「葉菜類」「種子」「いも類」「根菜」「海藻類」「キノコ類」などの65種類の植物酵素が配合されています。

植物酵素には、綺麗な肌へと導く美肌菌を増やす働きがあります。

それにより、健康的で肌トラブルに負けない強い肌へと変えていくことができます。

ととのうみすとに肌荒れなどの副作用はある?

ととのうみすとの副作用

ととのうみすとの成分を解析したところ、危険な成分は含まれていませんので副作用の心配はほとんどしなくても大丈夫かな思います。

防腐剤などの毒性のある成分は配合されておらず、肌に優しい植物由来成分が多く配合されています。

さらに、「合成界面活性剤」「プロピレングリコール」「合成着色」「合成香料」「アルコール」「パラベン」「鉱物油」なども含まれていない無添加仕立てです。

ミスト先生
安全性は高いですが、万が一「赤み」「ニキビ」「肌荒れ」といった症状が出たり、肌に合わないと感じた場合は使用を控えましょう。

ととのうみすとはアトピーの方が使っても大丈夫?

ととのうみすとの危険性は極めて低いですが、アトピー肌の方は皮膚科医専門医との相談の上ご使用ください。

 

ととのうみすとの成分については以上です。

「もっと詳しくととのうみすとを知りたい!」という方は、下の記事もご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています

Copyright© ととのうみすとは効果なし!→この口コミの真相とは!? , 2019 All Rights Reserved.